検索
Close this search box.

Tag: 想い

あなたを想いながら。 現実に届かないもどかしさ。 私、ピアニストになるって決めたんだ。 あなたのために、弾き続けよう。 あなたのために。 いつか届くまで…

夏のフェス、青空の下で。 柔らかな日差し。あなたのことを思い出す。 そのまま出演したんだ。私、ギター弾けるよ。 心の中で奏でるメロディー、届いてるかな。 夕暮れの中でマイクを握りしめる。 視線の先には、あなたの顔が浮かんで。 少しだけ恥ずかしくて、でも心は温かい。 この瞬間を一緒に過ごせたらよかった。 ピアノの音色が静かに響く夜。 音楽に想いを込めて。 少し切なくて、でも温かい。 心の奥にある言葉。 ふと見上げた先に、あなたの面影を探して。 まるで星のように輝く夜の街。

夏のフェス、青空の下で。 柔らかな日差し。あなたの

どの色が今日の気分に合うかな? まるで夢の中の一場面のよう。 そっと目を閉じれば、時間がゆっくり流れていく気がする。静けさの中で。 空を見上げて、風に揺れる髪を感じてる。 静かな湖のように穏やかに広がる想い。 耳を澄ませて、心で感じて。 ふわりとした布の感触が、心を軽やかにする。 毎日が少しずつ特別に。 言葉よりも深い絆を感じてるの。

どの色が今日の気分に合うかな? まるで夢の中の一場

米カリフォルニア州インディオで開催された世界最大級

俳優の城田優さんが、テレビ番組「あのとき告っていた

1998年の夏に放送され、多くの視聴者を魅了した連